<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年08月17日

おサルの夏休み「南アルプスの女王・仙丈ヶ岳」その@

今年の夏は本当に暑いですねあせあせ(飛び散る汗)
毎年、お盆は夏山合宿ですが、諸事情で行けなくなり、代わりに日帰りで
「南アルプスの女王・仙丈ヶ岳」に行ってきました

5:49 仙流荘.jpg
6:05 仙流荘からの始発のバスに乗ります。いつもは芦安方面からですが、今回は伊那方面からにしまし    た。

6:14 朝もやの仙丈岳.jpg

北沢峠に行くバスバスから、朝もやの中、目指す「仙丈ヶ岳」も見えてきました。
凄く高く大きな山です。
3033mもあるのですが、北沢峠が標高・2030mもあるので日帰りも可能なのです。

6:30 鋸岳・鹿の窓.jpg

「鋸岳」です。鹿の窓が解りますか?
このベテラン向きのお山におサルはまだ登っていません。
今回はその下見も目的の一つで、伊那方面からの入山となりました。

6:51 大平山荘.jpg

6:55 北沢峠手前の「大平山荘」でバスを下ろしてもらいました。
    因みにバス代は片道¥1100です。ザックが18L以上だと荷物代を¥200取られます
6:56 大平山荘.jpg

大平山荘には20年くらい前に一度お世話になり、今回と同じコースを歩きました。
今回のメンバーはおサル・子猿そして常連のよーじさんです。
支度をして、「重幸新道」から仙丈ヶ岳を目指します。

7:23 重幸新道の登り.jpg

このルートは藪沢沿いで最短ルートですが、早くから展望にも恵まれ意外に楽に登れます。

7:56 雪渓.jpg

北向きなので遅くまで雪渓雪が残ります。この日もかなり下にも雪が残っていました。

7:58 藪沢の雪渓.jpg

8:05 丁度中間点付近で右岸から左岸へと渡りますが、丸太橋が掛かっていたので問題はなかったです。

8:14 仙丈も見えてきた.jpg

左岸を頑張って登ると目指す「仙丈ヶ岳」も見えてきました。

8:24 甲斐駒.jpg

振り返れば、山の団十郎「甲斐の駒ヶ岳」です。
おサルの大好きなお山の一つです。

8:43 分岐.jpg

8:50 藪沢小屋からの道と合流しました。

8:50 防鹿ネット.jpg

ここからは一登りで、馬の背ヒュッテです。子猿が歩いているのは「防鹿ネット」の間の道です。
花のお山の仙丈ヶ岳も鹿の被害が甚大のようです。

8:58 馬の背ヒュッテ.jpg

8:58 「馬の背ヒュッテ」に到着。最後の水場ですので、水を補給しながらおにぎりを食べました。

9:32 稜線から.jpg

一登りで馬の背の稜線です。素晴らしい景色です。わーい(嬉しい顔)来てよかったと思ったおサルです。

9:45 藪沢カール.jpg

藪沢カールです。やはりお花は減っていました。もうやだ〜(悲しい顔)

9:55 仙丈小屋水源.jpg

仙丈小屋の水源も涸れていました。本当に雨が少ない猛暑の夏です。
因みのこの水場は南アルプスの最高に高い処にある水場だそうですたらーっ(汗)

10:00 仙丈小屋.jpg

10:00 仙丈小屋に到着。以前は避難小屋でしたが、今は立派な小屋になりました。

10:01 仙丈小屋.jpg

この日は一つだけ残念なことがありました。なんと稜線に出るころからガス霧が上がってきて、お隣の「甲斐駒」が見えなかったのです。

10:14 尾根.jpg

少し休んでから、仙丈ヶ岳を目指します。
本当に2人は元気で、おサルはツイテいけません。

10:19 稜線にて.jpg

子猿が指差しているのが頂上です。

10:25 雷鳥.jpg


頂上直下では「雷鳥さん」もお出迎えしてくれました\(^o^)/
(何と、7羽の大家族でした)

10:35 山頂.jpg

10:35 待望の「仙丈ヶ岳」に到着。大平山荘から3時間25分で登ってきました。
   
10:38 記念撮影.jpg

3人で記念撮影カメラしました。
この山行はまだ続きます(^.^)/~~~
posted by 白岩寺のおサル at 18:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

「八ッ岳・天女山から三ッ頭・権現岳」

久々のおサルです。
一部の人から「おサル死亡説」が出たようなので、アップしますねわーい(嬉しい顔)

6月22日(土曜日)4:17  白岩寺の夜明け.jpg

台風台風が去って綺麗な朝焼けでした。
早起きしたおサルたちは

7:42 天女山P.jpg

八ッ岳の麓の「天女山」に到着
「権現岳(2715m)」に登る予定です

7:43 コース説明.jpg

コースの説明です。
天女山から三ッ頭に登って権現岳を目指し、帰りは小泉口コースを下山するのです。
下山口にあらかじめ、車を置いてきたのです。車(RV)

7:50 スタート.jpg

7:55 天女山の駐車場をスタートしました。

8:02 天の河原.jpg

指呼の登りで「天の河原」に到着
皆が見てる目のは

8:05 富士山.jpg

「世界文化遺産」に決まった「富士山」です。
色々ありましたが、よかったと思うおサルですヽ(^o^)丿

8:30 1800m.jpg

この「天女山コース」には100m毎に石碑がありました。
(少し標高は低めでした)登りの良い目印となりました。

9:05 2000m過ぎ.jpg

標高1800mを過ぎると急登の始まりですあせあせ(飛び散る汗)

9:46 前三ッ頭.jpg

9:45 少し頑張って「前三ッ頭(2364m)」に到着
足の速い2人が見てるのは

9:47 鳳凰三山.jpg

「鳳凰三山」です。
地蔵のオベリスクが解りますか?
近々にこのメンバーであそこにも行こうなんて話になりました。

9:52 三ッ頭へ.jpg

三ッ頭を見ざします。

10:04 イワカガミ.jpg

この尾根では「イワカガミ」を沢山見ました。

10:24 三ッ頭.jpg

10:25 「三ッ頭(2580m)」にあっけなく到着
     行動食を食べながら、「編笠山」方面を眺めました。
     この日は生憎「主峰・赤岳」は見れませんでした

10:33 権現へ.jpg

権現岳に向かいます。
安全な所は駆けている2人ですがく〜(落胆した顔)
因みに正面の赤い沢は赤岳の地獄谷・左が登る権現に突き上げる「権現沢」です

10:47 イワウメ.jpg

森林限界を過ぎて高山植物も出てきました。
「イワウメ」ですよね?

10:56 もうすぐ頂上.jpg

ハイマツ帯をグングン登る2人ですグッド(上向き矢印)

10:57 ハクサンイチゲ.jpg

おサルは「ハクサンイチゲ」を愛でていました。

10:59 鎖場.jpg

この鎖場を過ぎれば、

11:05 権現岳.jpg

11:05 待望の「権現岳(2715m)」に到着。
    天女山から3時間ちょいでした。

11:25 クロユリ.jpg

山頂付近では「クロユリ」を発見したり、お昼を食べたりしました。

11:35 ガーミンFINE J.jpg

これはよーじさんのガーミンです。
GPS付きの時計もここまで進化しました。
歩いたルートを表示しています。

11:37 下山路.jpg

貧乏なおサルはまだ買えないので、目で下山ルートを確認しました。
標高差は1300mくらいかな〜?
楽しそうな下りですふらふら

11:39 三ッ頭方面.jpg

そんな時、同行の亀ちゃんの携帯携帯電話がなりました。
歩き班の「キクちゃん」からの電話電話でした。
三ッ頭に居るようで、肉眼でも確認できました。

11:41 鎖場.jpg

下山開始です。
こういった岩場では山やのおサルは速いのですが、

12:26 分岐.jpg

安全な下りとなるとトレールランナーに2人にはついていけませんもうやだ〜(悲しい顔)

12:40 編笠山.jpg

ゆっくりと景色を楽しみながら下りました。
これは編笠山です。

12:47 木戸口公園.jpg

12:46 木戸口公園に到着。
    と言っても、稜線上の小ピークでした。
    待っていてもらいありがとうございました
    (はぐれないように鈍足のおサルが待機場所を決めて先行してもらったのです)

13:06 下山中.jpg

その後は笹すべりを滑らないように下って

13:34 分岐.jpg

13:35 八ッ岳横断歩道との分岐に到着
     ここからはおサルも駆け下りてみました。
     約6時間の「権現岳」でした。
次回は「赤岳」に真行寺尾根から行こうなんて事になりました。
楽しい夏山のスタートです(^.^)/~~~
ブログもたまーにアップするので、宜しくです<(_ _)>

posted by 白岩寺のおサル at 16:41| 静岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

みなと・横浜・観光朝RUN

こんばんは
久々のおサルです。この頃、家業が忙しくてお山にも行っていません。
そんな2月の14日のバレンタインディの朝。
所用で6:38 ホテル.jpg
横浜のホテルに泊ったおサルは港まちを朝RUNしました。

氷川丸.jpg

ホテルの前の山下公園の氷川丸の前でアップしながら、あるものを探しました。
これかな?

かもめのすいへいさん.jpg

「かもめの水兵さん♪」じゃあないです。

あかいくつ@.jpg

見っけました。
「赤い靴はいてた女の子像」です。

あかいくつ.jpg

実はあまりに小さいので行きすぎてしまったのです。
あかいくつB.jpg

赤い靴にタッチしてRUN再開です。

6:45 インド水塔.jpg

でもすぐに変わった建物でストップ
インド水塔説明.jpg
インド水塔です。

インド水塔 モザイク.jpg

本当に綺麗なモザイクでした(*^^)v
6:46 桟橋.jpg

大桟橋を横目にやっと走りだしました。
6:48 プロムナード.jpg

この道は臨港線プロムナードと言うそうで、デッキ張りの走り易い路でした。
左手は有名な横浜税関です。

6:51 赤レンガ倉庫.jpg

あっと言う間に「赤レンガ倉庫」に到着

赤レンガ倉庫.jpg

この建物の正式名称は新港埠頭保税倉庫
因みに設計は妻木頼黄・部長率いる大蔵省臨時建築部

イギリス積み.jpg

イギリス積みのレンガ構造で、組積造技術の最高段階を示す建築とされているそうです。
レンガとレンガの間に鉄を入れる補強が施されていたことで、関東大震災でも、被害はすくなかったそうです。
と文化財の見学して、来た道を戻ります。

6:54 横浜税関.jpg

横浜税関は「ハマのクイーン」と言われている綺麗な建物です。
馬車道方面に向かうと

横浜税関と県庁.jpg

「キング」と言われている県庁の塔も見えます。
6:58 横浜市開港記念館.jpg

そして馬車道に出ると「横浜市開港記念会館」が目に飛び込んできました。
ハマのジャック.jpg

この「ジャックの塔」と言われる建物は辰野式ですが、金吾大先生の作品ではないそうです。

その後も色々な古い建物を愛でながらの港まちの朝RUNでした。





posted by 白岩寺のおサル at 20:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

お正月休みに読んだ本

こんにちは
おサルです。

山友から「この頃、本読んでないね」と先週言われました。
確かに秋に

呼ぶ山.jpg
「呼ぶ山」と

太陽は動かない_0001.jpg

「太陽は動かない」を読んでから、仕事も多忙であまり読書しませんでした。

実はこの大作で止まっていたのです。

光国伝.jpg

冲方丁さんの「光圀伝」です。
750ページで大作でした。
10月に買ってから「つん読」でした。
でも、お正月休みでスイスイ読んでしましました。

光国伝入門書.jpg

この「入門書」で作者自体も話していますが、「こんな黄門さま。見たことない」という本でした。
面白かったです。

路.jpg

読みだすと止まらないおサルです。
大好きな吉田修一の「路(ルウ)」も読んでしまいました。
台湾新幹線のお話でした。
義兄が台湾に居る内に行っておけばよかったと思いました。

清州会議.jpg

これは山の神の母親から「面白いから読んで」との事で
さらっと読んでしまいました。
三谷さんらしい?作品です。

きみはいい子.jpg

「静岡書店大賞」ってのもあるのですね。
ついつい買ってしまいましたが、「きみはいい子」これはお薦めです。
因みに「静岡書店大賞」の2位は「光圀伝」です。

賞と言えば、直木賞作品です。

等伯.jpg
歴史小説も好きなおサルですので、安倍さんがまだ受賞していないことのほうが意外でした。
「等伯」は日本経済新聞に連載されていましたが、ついつい買ってしまったおサルです。

RUN友&山友の皆さん。
興味のある本はいつものようにお貸ししますので、ご連絡くださいね(*^^)v

posted by 白岩寺のおサル at 17:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

2013年のお正月「初日の出と初芝居」

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
明けましておめでとうございます。.jpg

晩秋から、少し多忙でブログ。アップしていませんでした。
その間も毎日80人程度のご訪問、ありがとうございます<(_ _)>
知らぬ間に、おサルブログも5万ヒットとなっていました。
本当に有り難いことで、今年も適宜にアップいたしますので、「御贔屓」のほどよろしくお願いいたします。

1月1日 6時42分 白岩寺公園.jpg

さて、2013年の元旦はいつもの様に「白岩寺公園」へグッド(上向き矢印)
今年は例年になく、混んでいました。
皆でお日様晴れを待ちます。

2013年1月1日 初日の出.jpg

5時52分。
今年も綺麗な「初日の出」でした。
その後は
女泣かせで乾杯.jpg

恒例の「おんな泣かせ」で乾杯ヽ(^o^)丿
K様。いつもありがとうございます。
常連で持ち寄ったお節でプチ・宴会です。

元旦のリバティ.jpg

いつも走っている「マラソンコース・リバティ」も綺麗ぴかぴか(新しい)な元旦の朝でした。

7時42分 下山.jpg

風もなく、澄渡る青空晴れのもと、「故郷・島田」を見ながら
恒例の「初日の出」でした。

1月5日は
1月5日 10時27分.jpg

おサルは母親と銀座へ新幹線

新歌舞伎座.jpg

まずは再建中の「歌舞伎座」を見学しました。

高層ビル.jpg

正面から見ると、凄い高層ビルとなりました。
でも、入口は以前の形を踏襲するようです。

唐破風.jpg

この日は土曜日でしたが、4月の「杮落し」に向かって最後の仕上げのようでした。
楽しみですね。

10時38分 新橋演舞場.jpg

その後、おサル親子は「新橋演舞場」へ

新春大歌舞伎.jpg

初春恒例の「初芝居」です。

1月5日 新橋演舞場.jpg

お正月らしい華やいだ雰囲気でした。
おサル親子は昼の部を見ました。

@寿三番叟.jpg

まずは新年を祝う「寿式三番叟」です。
初春にふさわしい舞踊でした。

A車引.jpg

続いては名作「菅原伝授手習鑑」より3段目の口にあたる『車引』です。
梅王丸は三津五郎さん。桜丸が七之助さん。そして、松王丸が橋之助さんでした。
歌舞伎の様式美を堪能できる舞台でした。
皆さん、亡くなられた勘三郎さんに縁の深い方だなぁと思ったおサルです。

幕間のお弁当の時はフジTVの取材を受けました。
おサルがTVに写るようですがく〜(落胆した顔)

恵比寿ビールを呑んで気持ち良くなったあとは

B戻橋.jpg

少し怖い「戻橋」でした。
いまも京都にある一条戻橋に縁のある「鬼女伝説」のお話です。
福助さんの小百合(実は鬼女)と幸四郎さんの渡辺綱でした。
2人で客席を廻ったりで華やいだ舞台で、最後は北野神社の屋根で福助さんの宙吊りもあったりしました。

最後は
C傾城反魂香.jpg

「傾城反魂香」でした。
これは、昨年に亡くなられた
中村雀右衛門.jpg

四世・中村雀右衛門の『追善狂言』でした。

雀右衛門さんの当り役だった「女房・おとく」に次男・芝雀さんが、
長男の友右衛門さんが狩野雅楽之助を演じました。
そして、雀右衛門さんを相手に幾度も又平を勤めた吉右衛門さんという本当に素晴らしい舞台でした。
と、母と大満足した「初芝居」でした。


posted by 白岩寺のおサル at 06:53| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。