<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年09月15日

おサルの富士登山「御殿場口」C(大砂走りで下山)

おはようございます。
今日は台風台風で大雨雨
朝Runも出来ないので、ブログ・アップしますね。

 14:03 山頂.jpg

2013年9月7日 14:00 の富士山頂はこんな感じでした。
山小屋は全て閉じていましたが、かなりの登山者が居ました。
因みに

9:56 富士の宮口.jpg

夏シーズンはこんな感じです(2012年7月29日)
随分、違うものですね。

13:47 山頂でラーメン.jpg

山頂でラーメンを食べて、子猿も元気になりました。
体が冷えたので、温かいものが良かったようです。
コンロを持って行って正解でした。(水は重たかったですが(^^ゞ

14:04 下山開始.jpg

ダウンの上に雨具を着て、完全装備にしました。

14:06 御殿場口.jpg

14:06 御殿場口から下山開始です。

14:07 案内板.jpg

この下山路は「大砂走り」が有名です。
でも、一歩3mというのは大袈裟だと思いますが、、、、、

14:43 八合目.jpg

14:43 霧と強風の中をゆっくり下って赤岩八合館で待ってもらいました。

14:45 砂走館.jpg

途中、「砂走り館」でトイレしました。
トイレの中が温かく、体も温まりました。

15:26 七合目.jpg

15:26 七合目「日の出館」に到着です。

15:28 分岐.jpg

このすぐsoon下が下山路との分岐です。

15:28 分岐指導標.jpg

15:28 楽しい「大砂走り」のスタートです

15:43 下り.jpg

宝永の噴火の時の火山灰を下ります。
でも、霧で砂が湿っていたので良かったです。

13:30 砂走りを下山.jpg

晴れていれば、こんな感じで全身砂まみれになりますがく〜(落胆した顔)

15:49 晴れてくる.jpg

下りだして20分くらいで、晴れてきました。晴れ

15:51 大砂走り.jpg

大砂走りはこの白いラインが目印です。

15:55 駆け下りる2人.jpg

駆け下りる2人です。
そんな二人の背中を追いながら、おサルを昔の事を思いだしました。
おサルがここを最初に下りたのは16歳の時。何と昭和51年です。

昭和51年版.JPG

その時の登山地図です。
そうなんです。今の「御殿場新五合目」は「新2合目」と言っていました。
五合目はかなり上です。長い下りのはずです。
双子山にはスキースキーのリフトも掛かっていました。

15:56 双子山.jpg

その双子山も見えてきました。

15:57 暫し休憩.jpg

長い下りなので、飽きてしまい休憩する子猿です。

16:01 オンダテ.jpg

おサルは「オンダテ」を愛でました。

16:05 よーじさん.jpg

そんな事をしていたので、よーじさんはもう次郎坊に着いていました。
凄い速さです。


16:06 靴.jpg

靴と雨具のズボンが砂まみれになる頃、

16:37 フジアザミ.jpg

早朝に見た「フジアザミ」に再会しました。

16:42 無事下山.jpg

16:42 無事下山しました。
下りは速かったですが、約11時間の日帰り富士山でした。
「暫く御殿場口はいいね」と話して太郎坊を後にした3人でした(^.^)/~~~
posted by 白岩寺のおサル at 06:56| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スパッツ無しで下りちゃうんですね。砂が靴に入り込みません? 気持ち良さそうなんですが、長いと膝に来そうですね(^^;  まだ一度も登った事の無い兄さんでした(^^)
Posted by 小太り兄さん at 2013年09月15日 10:41
よーじさんはちゃんとスパッツ着けました。
おサル&子猿はちゃんと持っていったのですが、面倒だし、砂が濡れていたので着けずにおりちゃいました。
子猿の靴の中は下山後、凄かったです。何にしても「大砂走り」区間は90分の所を42分で下りた2人でした(?_?)
Posted by おサル at 2013年09月15日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374844900

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。