<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2013年06月23日

「八ッ岳・天女山から三ッ頭・権現岳」

久々のおサルです。
一部の人から「おサル死亡説」が出たようなので、アップしますねわーい(嬉しい顔)

6月22日(土曜日)4:17  白岩寺の夜明け.jpg

台風台風が去って綺麗な朝焼けでした。
早起きしたおサルたちは

7:42 天女山P.jpg

八ッ岳の麓の「天女山」に到着
「権現岳(2715m)」に登る予定です

7:43 コース説明.jpg

コースの説明です。
天女山から三ッ頭に登って権現岳を目指し、帰りは小泉口コースを下山するのです。
下山口にあらかじめ、車を置いてきたのです。車(RV)

7:50 スタート.jpg

7:55 天女山の駐車場をスタートしました。

8:02 天の河原.jpg

指呼の登りで「天の河原」に到着
皆が見てる目のは

8:05 富士山.jpg

「世界文化遺産」に決まった「富士山」です。
色々ありましたが、よかったと思うおサルですヽ(^o^)丿

8:30 1800m.jpg

この「天女山コース」には100m毎に石碑がありました。
(少し標高は低めでした)登りの良い目印となりました。

9:05 2000m過ぎ.jpg

標高1800mを過ぎると急登の始まりですあせあせ(飛び散る汗)

9:46 前三ッ頭.jpg

9:45 少し頑張って「前三ッ頭(2364m)」に到着
足の速い2人が見てるのは

9:47 鳳凰三山.jpg

「鳳凰三山」です。
地蔵のオベリスクが解りますか?
近々にこのメンバーであそこにも行こうなんて話になりました。

9:52 三ッ頭へ.jpg

三ッ頭を見ざします。

10:04 イワカガミ.jpg

この尾根では「イワカガミ」を沢山見ました。

10:24 三ッ頭.jpg

10:25 「三ッ頭(2580m)」にあっけなく到着
     行動食を食べながら、「編笠山」方面を眺めました。
     この日は生憎「主峰・赤岳」は見れませんでした

10:33 権現へ.jpg

権現岳に向かいます。
安全な所は駆けている2人ですがく〜(落胆した顔)
因みに正面の赤い沢は赤岳の地獄谷・左が登る権現に突き上げる「権現沢」です

10:47 イワウメ.jpg

森林限界を過ぎて高山植物も出てきました。
「イワウメ」ですよね?

10:56 もうすぐ頂上.jpg

ハイマツ帯をグングン登る2人ですグッド(上向き矢印)

10:57 ハクサンイチゲ.jpg

おサルは「ハクサンイチゲ」を愛でていました。

10:59 鎖場.jpg

この鎖場を過ぎれば、

11:05 権現岳.jpg

11:05 待望の「権現岳(2715m)」に到着。
    天女山から3時間ちょいでした。

11:25 クロユリ.jpg

山頂付近では「クロユリ」を発見したり、お昼を食べたりしました。

11:35 ガーミンFINE J.jpg

これはよーじさんのガーミンです。
GPS付きの時計もここまで進化しました。
歩いたルートを表示しています。

11:37 下山路.jpg

貧乏なおサルはまだ買えないので、目で下山ルートを確認しました。
標高差は1300mくらいかな〜?
楽しそうな下りですふらふら

11:39 三ッ頭方面.jpg

そんな時、同行の亀ちゃんの携帯携帯電話がなりました。
歩き班の「キクちゃん」からの電話電話でした。
三ッ頭に居るようで、肉眼でも確認できました。

11:41 鎖場.jpg

下山開始です。
こういった岩場では山やのおサルは速いのですが、

12:26 分岐.jpg

安全な下りとなるとトレールランナーに2人にはついていけませんもうやだ〜(悲しい顔)

12:40 編笠山.jpg

ゆっくりと景色を楽しみながら下りました。
これは編笠山です。

12:47 木戸口公園.jpg

12:46 木戸口公園に到着。
    と言っても、稜線上の小ピークでした。
    待っていてもらいありがとうございました
    (はぐれないように鈍足のおサルが待機場所を決めて先行してもらったのです)

13:06 下山中.jpg

その後は笹すべりを滑らないように下って

13:34 分岐.jpg

13:35 八ッ岳横断歩道との分岐に到着
     ここからはおサルも駆け下りてみました。
     約6時間の「権現岳」でした。
次回は「赤岳」に真行寺尾根から行こうなんて事になりました。
楽しい夏山のスタートです(^.^)/~~~
ブログもたまーにアップするので、宜しくです<(_ _)>

posted by 白岩寺のおサル at 16:41| 静岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お元気で何よりでした♪

生存確認できて良かったです(笑)
Posted by ちぃ at 2013年07月03日 20:13
ちぃさま
ありがとうございます<(_ _)>
でも、4月に歌舞伎座で会ったのは「ちぃ様似」の別嬪さんだったのかな?
Posted by おサル at 2013年07月03日 20:50
白岩寺のおサルさま


突然のお便り、失礼します。
奈良の谷阪と申します。

恵比寿講の写真を探しておりましたところ、こちらの方に辿りつきました。
2010年11月10日のお写真でしたが、コメントをどこに書いてよいのか分からず、すみません、こちらに書かせていただきます。

おサルさまの恵比寿講…大根、魚と伝統をしっかり受け継いでいらっしゃる様子に、ジワジワ感動しました。。

それでまた、突然のお願いで大変恐縮なのですが・・
その恵比寿講のお写真を、今執筆中の「みんなの年中行事事典」(岩崎書店・今冬発刊予定)で、ぜひ使わせていただきたく思い、ご連絡差し上げました。

ぜひ本書の企画概案等をご覧いただきたく思っております、
もしご了承いただければ、お手数おかけいたしますが、ご連絡先をお教えいただければ幸いです。(もしよろしければ、すみませんが、コメント欄の上にあるemailアドレスまでご連絡いただけますでしょうか、どうかよろしくお願いいたします)

ご連絡方法が、こちらのコメント欄のみ(見損なっていたらすみません)で、私の住所・等を記せず、申し訳ございません(従って、若干怪しくもあるかもしれません)。

ですが、まずはご連絡差し上げたくコメントさせていただきました、どうぞご了承ください。


長々と失礼いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。


谷阪
Posted by 谷阪智佳子 at 2013年07月18日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367293375

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。