<< 2012年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2012年05月29日

第三回 富士トレイルクリーンアップ大作戦(その1・山中湖周辺)

おはようございます
昨日(5月28日)は大気が不安定でした。
雷さま雷。怖いですね。

さて、先週末は良い天気晴れ
5月26日(土曜日)はおサルは山の神と「山中湖」へ車(RV)


10時48分 きらり.jpg

第三回 富士トレイルクリーンアップ大作戦に参加してきました。
UTMF/STYレース終了後のコース一部を走ったり、歩いたりしながらゴミを回収するのです。
集合場所のA3「山中湖きらら」に行ったら、なんとUTMFを完走した山友のぶたこさんも居ました。
偶然でびっくりexclamation×2

10時50分 出発.jpg

記念撮影後、皆さんはA4「すばしり」方面に向かわれました。
詳しくは『ぶたこの山日記』へ
http://blog.goo.ne.jp/sumikonoyama422/e/e418805d6aca5c51a95ff9844697ffc3
山やのぶたこさんのザックが印象的ですね。

11時19分 石割山登山口.jpg

おサル夫婦は「石割山登山口」へ
このお山はハイキングにうってつけなのです。

UTMFクリーンアップ山中湖周辺001.jpg

UTMFのコース・マップで本日のおサルたちのコースを説明します。
石割山登山口〜石割神社〜石割山〜十二曲峠をピストンして
石割山〜平尾山〜(東海自然歩道)〜石割山登山口です。

所謂周回コースで「石割山転(ぐるり)」です

11時20分 石段.jpg

まずは名物の石段(403段)を登ります右斜め上
因みにここはUTMFのコースではありません

11時38分.jpg

登りきると良いトレースになりました。
本番の時は皆さん、ここを気持ちよく走ったのか?と思いました。

11時45分 ゴミ.jpg

ところで、ゴミはほとんど無かったです。
これは飴の袋です。
ハイカーが落としたのでしょうか?

11時48分 堰堤.jpg

この堰堤が出てくると

11時52分 石割神社.jpg

石割神社です。
お参りしてから、

11時56分 御神体.jpg

お決まりの御神体の

11時54分 石潜り.jpg

石潜りです。
3回廻ると願いが叶うそうです。
レースの時は、ランナーでこの御神体巡りをした選手は居たのでしょうか?

12時16分 石割山山頂.jpg

その後、一登りで「石割山」山頂に到着。

12時30分 石割山山頂.jpg

UTMFのマーキングと看板を撤去してから、お昼レストランにしました。

12時35分 山中湖方面.jpg

この日はあまり富士山が見れなかったです。もうやだ〜(悲しい顔)

12時40分 ゴミ拾い.jpg

山頂で清掃活動して、

12時42分 十二曲り峠へ.jpg

十二曲峠方面に向かいます。

12時55分 下る.jpg

こちらもゴミはほとんど無いので一気に下りました右斜め下

12時58分 STYのランナーさんに.jpg

「こんなに下ると、また、登り返しが大変だね」と心配してたら、峠からSTYに参加されたランナーが登ってきました。
「峠からのトレースもほとんどゴミはなかった」との事なので、引き返す事にしました。バッド(下向き矢印)

13時02分 UTMF完走者.jpg

今度はUTMF完走者の方が石割山から下りてきました。
皆さん。本当に熱心です。
フィニッシャーベストが格好良かったですぴかぴか(新しい)

13時17分 ゴミ拾い.jpg

石割山の頂上では、山の神は発掘作業中ですexclamation&question

15時09分 空き缶.jpg

何と、exclamation空き缶を沢山堀りだしていました。昭和の遺物でした。
(当然、担いで下りたのはおサルですふらふら

13時26分 蝶.jpg

これは?ゴミではありませんわーい(嬉しい顔)
何アゲハかな〜?

13時27分 平尾.jpg

発掘作業も終えて埋め戻しをして、end
平尾山方面に下山です。

13時32分 頂上直下.jpg

こちらのトレースはUTMFのコースではありませんが、6月3日の「忍野トレール」のロングとミドルのコースです。
頂上付近はこんな滑りやすそうな処もあるので、ご注意をひらめき

13時58分 平尾山.jpg

眺望の良い「平尾山」に到着。
景色を楽しみながら、お茶して

14時31分 下山.jpg

下山は「東海自然歩道」で森林浴しました。

14時47分 登山口へ.jpg

無事、「石割山登山口」に到着。

15時03分 ぶたこさん.jpg

ゴミステーションのある「山中湖きらら」に向かう途中、
またまたぶたこさんに遭遇
トレードマークのテルテル坊主と沢山のUTMFのマーキングをザックに付けていました。
「ぶたこ。ありがとうねm(__)m」

15時09分 ゴミ箱.jpg

ゴミをきららの指定場所に捨てて、楽しいクリーンアップ大作戦の一日目を終了したおサルでした。
posted by 白岩寺のおサル at 06:07| 静岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

UTMF 速報

この土日(5月19日〜20日)はおサルは「UTMF2012」に行ってきました。

といっても、ボランティアで参加しました。

19日 22:12 ゴールでの鏑木さん.JPG

日本のトレラン界の第1人者の鏑木さんが実行委員長です。

UTMFコース.JPG

UTMFのコースです。
156km。制限時間は48時間です。

高低差.GIF

累積標高差は8503mがく〜(落胆した顔)
今年が第1回大会ですが、まさにウルトラ・トレールの横綱レースです。
地元・静岡県山岳連盟に所属してるおサルですので、本来ならお山の上が担当でしたが、
今回は都合でゴールのボランティアとなりました。

19日 8:17.jpg

ボラの集合時間まで余裕があったので、山友のぶたこさんのサポートに
「A7 富士山こどもの国」に向かいました車(セダン)
ここは「STY(82km)」のスタート地点です。
土曜日の午前の富士山は本当に雄大でした。

19日 8:34.jpg

UTMFのエイドはかなり離れていました。
テルテル坊主をザックにつけて頑張って関門に向かうぶたこさんです。

その後、おサルはボラ集合の本栖湖に向かい車(RV)
時間があったので竜ヶ岳へ登らせてもらいました。右斜め上

女子トップ-1.JPG

途中、女子トップにすれ違いました。
凄く速かったですexclamation×2

19日 11:40 松永敏明さん.JPG

こちらは松永選手。
軽快に駆け下りていかれました。右斜め下

19日 12:45 竜ヶ岳山頂.JPG

竜ヶ岳山頂です。
ここからの富士山は何時来ても素敵ですぴかぴか(新しい)

19日 13:08 鈴木博子選手.JPG

ゆっくりお弁当レストランを食べて、雨ヶ岳方面に下ると
日本人女子トップの鈴木博子さんが登ってきました。
友人のヨージさんがお世話になったので、少しだけお話しました。

その後、
19日 13:53.jpg

雨ヶ岳まで足を伸ばしました。天子山塊は結構なアップ右斜め上ダウン右斜め下があるのです。
でも、皆さん。ナイス・RUNです。

19日 14:31.jpg

雨ヶ岳山頂では、臨時誘導ボラみたいな事をしました。

19日 14:38 雨ヶ岳山頂.JPG

3時ころからは曇り曇りだしましたが、それまでは暑いあせあせ(飛び散る汗)くらいで
選手の皆さんは水たらーっ(汗)で苦労されたようでした。

19日 16:16 竜ヶ岳の下り.JPG

雨ヶ岳山頂の誘導は中大と日大の山岳部にお任せして、本栖湖に下山しました。

19日 22:14.jpg

夜は河口湖のゴールでボランティアでした。
感動のゴールがみれてラッキーでした。

感動のゴール-1.JPG

フニッシュされた皆さんの顔は輝いてました。ぴかぴか(新しい)

業務が終了してから、本栖湖に戻り

20日 1:24.jpg

エイドに入ってくる選手たちをお迎えしました。

20日1:23.jpg

山から下りてくるヘッドライトの灯りが幻想的でした。

20日の朝となり、

20日 5:48.jpg

一晩待っていた選手たちも到着です。
思わず抱き合うサポーターさんです。

20日 5:36.jpg

おサルも山友のぶたこさんをお見送りしました。
「ぶたこ。行ってらっしゃい!」

UTMF。
感動の連続でした。
大会関係者及びボランティアの皆さん。本当にお疲れさまでした。

そして、選手の皆さま
感動をありがとうございましたm(__)m

(詳細はまた)

posted by 白岩寺のおサル at 06:25| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トレラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

第4回 しらびそ自然講座

おはようございます。
この頃、昼間は暑いくらいですあせあせ(飛び散る汗)

さて、今日はお知らせです。
おサルの所属するお山の会のイベントイベントです。

しらびそ自然講座のお知らせ001.jpg

ということで、お暇な方はお越しください。

(因みにおサルは金曜日の夜と日曜のお昼頃出没予定です)


posted by 白岩寺のおサル at 09:13| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

第36回 富士裾野高原マラソン大会

やっと、5月らしい清々しい気候となってきました。

さて、そんな5月13日の日曜日。

7:59 会場到着.jpg

おサルは友人とザックを担いで、裾野市へ車(RV)
「富士登山グッド(上向き矢印)?」
では、ないです。

8:00 幟.jpg

第36回 富士裾野高原マラソン大会に出てきました。

8:10 富士山.jpg

GW明け恒例の大会イベントで、おサルたち「走登呑會Run倶楽部」は3年連続の出場です。
いつも晴れる晴れのですが、今年はここ3年で一番のお天気晴れ晴れ晴れでしたヽ(^o^)丿

8:17 島田組.jpg

島田からは、ヨージとおサルはハーフに、
せいちゃんとポニーちゃんは5kmに出ました。
晴天が予想されたのでUV&着替え用に「エスパース」を張った山やです。

9:03 千葉組.jpg

遠路はるばる千葉から「A―RUN習志野」さんも参加です。
姉サルは10km
Iさんはハーフに参加しました。
ところで、おサルが居ませんねexclamation&question

9:33 レイコさんと.jpg

おサルはこの大会で、一番有名なランナーと記念撮影カメラしてました。
「レイコさん」です。女子最高年齢で79歳。わーい(嬉しい顔)
今年は5kmに出場とのことでしたが、第1回の大井川ではフルに参加してました(喜寿の時ですよね!)
と色々スタート前に楽しんで

9:48 スタート前.jpg

スタート時間が近くなったので、コースに下りて
綺麗な富士山からパワーを貰いましたパンチ

9:49 河童もスタート位置に.jpg

河童さんもスタート位置に向かったので、
おサルも並びました。

10:00 スタート.jpg

AM10:00 スタートです。
コースの詳しい説明は昨年のおサルブログへ
http://hakuganzi.seesaa.net/article/200174846.html

10:18 富士山に向かって.jpg

いつもように富士山に向かって登るグッド(上向き矢印)おサルです。

10:21 最初の給水.jpg

ここは、3.2kmの給水ポイントたらーっ(汗)
ハーフですが、全部で7カ所も給水があるのです。
それだけ大変なコースということなのでしょうか?

10:32 5km折り返し.jpg

何とか頑張って1周目の5kmの折り返しまで着きましたあせあせ(飛び散る汗)
この後の木陰は風も涼しく気持ち良く走れました。

10:42.jpg
しかし、この「秋葉山神社」付近は微妙な登りで足にきます。

10:44 郵便局.jpg

須山郵便局まで来れば、下りですが、
昨年はこの下りで走りすぎたので、今年は自重しましたモバQ

11:00 10km.jpg

昨年より少し早く、ハーフ10kmに到着ダッシュ(走り出すさま)
ここから少し頑張って右斜め上

11:03 パノラマロードへ.jpg

太鼓の音が近つけば演劇
2周目のパノラマロードです。
この付近でハーフの先頭に抜かれたおサルです。

11:03 パノラマロードに出てまた登り.jpg

パノラマ・ロードに出ました。
下りて右斜め下きているランナーは10kmの人たちです。

11:06 給水所.jpg

この頃から暑くあせあせ(飛び散る汗)なってきました。
ゴールした後知ったのですが、気温は24.7度。
皆さん、凄い汗あせあせ(飛び散る汗)で給水してました。
給水ポイントには「角砂糖」「干し梅干し」もあり、助かりました。

11:07 最後の登り.jpg

でも、最後のきつい登りでは歩いているランナーも多かったですふらふら

11:08 2周目.jpg

2周目の折り返し地点に到着
本当にずっ---と富士山に見守れたレースでした。

11:12 クラボウ前.jpg

このスポンジポイントも4か所もありますひらめき
ボラの皆さん。ありがとうございました<(_ _)>

11:18 臨時ミスト.jpg

その後、第B給水所には臨時ミスト霧
本当にランナーに優しい大会です。

11:13 ヨージさん.jpg

2周目の工業団地の中で、ヨージさんが来ました。
最後の下りを駆け下りる作戦だそうです。
足が吊りそうななおサルは先に行ってもらいました。

11:41 パノラマロード下り.jpg

パノラマロードに出ました。
あとは下る右斜め下だけですヽ(^o^)丿

11:54 競技場見えた.jpg

競技場も見えてきました目
昨年より少し早いタイムです。

11:57 競技場へ.jpg

その後、頑張って何とか競技場に着きました。

11:58 ゴール前.jpg

最後は「竜神太鼓」さんに背中を押されて

ゴール.jpg

目標通り、1時間58分台でゴール出来ました。
「富士裾野高原マラソン大会」アップ・ダウンがありきついコースですが、
参加人数が適当で、運営はストレスが無くおサルの大好きな大会です。
来年もまた出ようっとハートたち(複数ハート)
posted by 白岩寺のおサル at 20:24| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

北丹沢12時間山岳耐久レース・下見

こんにちは
今日でGWも終わりendです。
皆さんはどちらに行かれましたか?

さて、5月4日(みどりの日)
おサルは、RUN友&山友と裏丹沢の神ノ川へ車(RV)

北丹沢コース002.jpg

北丹沢12時間山岳耐久レースの下見に行ってきました。
本番は、12時間で44.24kmですが、今回は中間部の緑の部分を下見してみました(約20km)

9:45 日陰橋.jpg

日陰橋に車を置いて、元気に出発ですパンチ

9:46 林道を下る.jpg

まずは、「鐘撞山」への登山口まで少しの下りを
アップついでに走りますダッシュ(走り出すさま)

9:54 立石建設登山口.jpg

すぐに「立石建設」さんの作業場がある登山口に到着
ここは標高500m。鐘撞山は標高900.2m。
約400mの登りです右斜め上

9:57 沢沿いを歩く.jpg
最初は少し沢沿いの路ですが
9:58 尾根に出る.jpg

すぐに尾根に取りつきました。
北丹の指導標も残っていました。
間違いないと少し安心したおサルですひらめき

10:33 鐘撞山.jpg

約40分で、第一目的の「鐘撞山(900.2m)」に到着ヽ(^o^)丿

10:35 大室山方面へ.jpg

給水して、「大室山方面」に向かいます。
鐘を撞くのを忘れた2人です。

10:36 下る.jpg

最初は鞍部まで少し下りますが、

10:47 登り.jpg

結構悪い登りでふらふら

10:53 泥んこの登り.jpg

雨上がりで泥んこ状態でしたがく〜(落胆した顔)
(ここは別ルートがあるかも?こんな所でレースでは大渋滞と思ったおサルでした。)

11:26 県界尾根分岐.jpg

丹沢らしくバイケイソウが出てきたら、

11:26 分岐.jpg

県界尾根分岐です。
ここは、標高1260m。鐘撞山から意外に登ります。
おサルたちの当日の下見の最高点でした。

11:55 神ノ川ヒュッテを目指して.jpg

第一関門の「神ノ川ヒュッテ」を目指して一気に下ります右斜め下
途中気持ちの良いトレース部分はヨージさんが速かったので写真カメラはありません<(_ _)>

12:04 小沢を渡渉.jpg

水量の多い小沢を渡渉して、

12:07 神ノ川ヒュッテ.jpg

神ノ川ヒュッテに到着です。
本番はここが18.59km地点でスタートしてから4時間半の第一関門。
おサルたちは4時間で通過を目指したいのですが、難しいかな?
なんて話ながら、お昼にしました。レストラン

犬越路.jpg

次は「東海自然歩道」を犬越路を目指して登るのですが右斜め上
コース上の「日陰沢源頭(1000m)」が事前の地形図では良くわかりませんでした

12:43 犬越路を目指す.jpg

ともかく、犬越路を目指して出発です。

12:57 日陰沢沿い.jpg

日陰沢沿いに登ります右斜め上

最初は「さすが東海自然歩道。午前の路と違って整備されてるね」なんて余裕でしたが、

13:04 登ります.jpg

結構な登りとなり、あせあせ(飛び散る汗)

13:15 崩壊箇所.jpg

崩壊箇所も出てきました。がく〜(落胆した顔)
おまけに、小雨小雨も降ってきました。

13:16 ミヤマケマン.jpg

「ミケマケマン」かな〜?なんて思っているうちに

13:30 犬越路避難小屋.jpg

犬越路の避難小屋に着いてしまいました。
多分、登り過ぎです。ふらふら

13:30 犬越路説明.jpg

犬越路の名前の由来です。
雨も本振りとなったので、

13:39 小屋でエイド.jpg

小屋で少し休みました。
ヨージさん。栗ようかんありがとうねm(__)m
おサルは「檜洞丸」からこの尾根を歩いたことがあるので、
トンネルへの下降路が縦走路の途中にあるのを知っていました。
(本番とは多分、違う道だと思いますが、時間も遅くなってきたし天気も崩れてきたので知ってるルートを選択しました)

13:54 出発.jpg

ということで、檜洞丸方面へまた登ります右斜め上

14:04 トンネル分岐.jpg

10分ほど登ってしっかりした指導標のある分岐に
(でも、ここは標高が1160m程度。本番のルートではないと思われます)

14:05 トンネル目指して.jpg

とりあえず、トンネルのある林道を目指して下ります。バッド(下向き矢印)
踏み跡はほとんど無かったですが、はっきりしたトレースでした。

14:18 犬越路トンネル.jpg

林道に出てすぐに「犬越路トンネル」がありました。
ここから、第2関門の「神ノ川園地」までは7.2kmの林道RUNです。ダッシュ(走り出すさま)

14:34 林道を下山.jpg

最初はなかなか下りません。ふらふら
沢登りの好きなおサルは「この沢は何だっけ?」なんて事を思いながら走りました。

14:42 風巻の頭の尾根.jpg

林道が大きく曲がると、表面に本番の時に登る「風巻の頭」〜「袖平山」の尾根
が見えてきました。
本番の時は、この林道を走りながら「またあの尾根に登り気力が残っているのか?」
なんて思いながらヨージさんのあとをついていきました。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

15:06 小洞トンネル.jpg

沢登りで有名な「伊勢沢」を過ぎて、対岸に「小洞(こぼら)沢」を見送ると
「小洞トンネル」です。

15:07 孫右エ門トンネル.jpg

すぐに「孫右ェ門トンネル」です。
このトンネルを出たところに「孫右ェ門沢」が流れこんでいます。
思わず、左なら登れるかな?なんて滝のルートも見てしましったおサルです。

15:11 お出迎え.jpg

そんな事をしていたら、せいちゃんがお迎えに来てきれました。わーい(嬉しい顔)
山友のせいちゃんは一人で「風巻の頭」〜「袖平山」の尾根をピストンしてたのです。
下見ランナーの他は1パーティしか居なかったそうです。
裏丹沢は静かな山域のようです。

15:15 神ノ川園地.jpg

その後は第二関門の「神ノ川園地」で記念撮影カメラして、

15:50 エビラ沢F1.jpg

エビラ沢のF1(20m)を見学で締めた下見でした。
北丹沢山岳耐久レース
下見しての感想は「名前の通り、山岳耐久でトレランじゃぁないかも?」
と思ったトレラン初心者のおサルでした。
でも、関門通過できないと思うけど参加しようとも思いました。

つきあってくれたヨージさん。せいちゃん。
ありがとうねm(__)m
また、長い記事を読んでくれた皆さまもありがとうございましたm(__)m

では、明日からお仕事。お仕事!

posted by 白岩寺のおサル at 12:49| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

おサル 干支の山「竜ヶ岳」へ

こんばんは
GWの中盤は雨雨となってしまいました。

さて、このおサルブログも何と4万ヒットヽ(^o^)丿
皆さん、ありがとうございますm(__)m
この頃、RUN関係の記事が多いので今日は初心に戻り「お山の話題」を

4月29日(日)昭和の日11時39分 キャンプ場.jpg

おサル夫婦は本栖湖のキャンプ場へ

今年は辰歳.jpg

今年は「辰歳」ということで、
干支に因んで「竜ヶ岳」に登ってきました。
11時40分 コース案内.jpg

本日のコースです。
登りグッド(上向き矢印)は石仏コースで下りバッド(下向き矢印)は北面の直登コースです。

11時49 もう下山.jpg

GWで道路車(セダン)が渋滞してもうやだ〜(悲しい顔)到着が遅れました。
もう下山しているパーティも居ましたが、天候も良く
おサルは何回か登ったこともあるので出発しました。

11時42分 大迫力の富士山.jpg

曇りは掛かってましたが、ここからの富士山は大迫力です。わーい(嬉しい顔)

11時54分 登山口.jpg

ファミリーキャンプを横目目にキャンプ場を横ぎって
登山口へ

12時20分 ギボクの登山道.jpg

最初の登りが一番急でしょうか?
12時27分 第1ピーク.jpg

一汗かくと、ベンチのある小ピークに到着です。
この付近からは目指す「竜ヶ岳」の頂上も望めます。

12時28分 登り.jpg

笹の中を頑張って登ります。

12時35分 富士山.jpg

振り返ればいつも「富士山」が
人気のお山なのか、以前よりトレースがしっかりしてきました。

12時43分.jpg

頑張って登るとあせあせ(飛び散る汗)

12時48分.jpg

四阿(あずまや)のある「石仏」に到着

13時03分 石仏.jpg

この石仏と竜の伝説は色々とあるそうです。
ここから、ワン・ピッチ頑張れば、

13時42分 頂上.jpg

竜ヶ岳の頂上ですヽ(^o^)丿

14時23分 頂上.jpg

何時も富士山がバッチリのお山なのですが、当日は雲が掛かっていました。

2007年12月16日の富士山001.jpg

これは2007年の12月の忘年山行の時です。
冬の竜ヶ岳は晴れれば本当に良いところです。

2007年12月16日の山002.jpg

反対側を見れば、南アルプスのジュイアンツ達が
右から「甲斐駒」一番ピラミダルなお山は「北岳」でしょう
(これも、その時の写真です)

13時54分 空也もなか.jpg

この日のおサルは富士山を見ながら、ゆっくりと「空也もなか」を食べました。
すると

下見ランナー.jpg

トレールランナーが沢山登ってきました。
ここは5月18日〜20日に開催される「UTMF」のコースの一部なのです。
http://www.ultratrailmtfuji.com/about/summary/map/
おサルのボラで参加予定です。

14時28分 トレールランナーは下山.jpg

下見ランナーさんたちは本当に格好が良かったです。
当日は頑張ってくださいね。

14:36 下山.jpg

さて、おサル達も下山します。

14:57 北側の道.jpg

下山路は「UTMF」のコースにもなる「北側の直登コース」です。
結構、荒れてました。

15:15 つずら下り.jpg

つづら折りをサクサク下りました右斜め下

15:21 周遊歩道案内図.jpg

地形図にはない「周遊歩道」がありました。
下山してから本栖湖沿いの道は単調なので、こちらに入ってしましました。

15:31 荒れてました。.jpg

これは失敗でしたふらふら
昨年の台風台風の影響か、沢が3カ所ほど崩壊して登山道が分断されてました。
でも、
15:33 大きな木.jpg

桂の大木を見たり

15:52 変わって木.jpg

変わった木も見れました。

16:08 キャンプ場に到着.jpg

往復4時間ほどで振り出しに戻りました。
天子山塊「竜ヶ岳」なるほど人気のお山だと思ったおサルでした。
posted by 白岩寺のおサル at 19:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。